HugFit®

東レ・メディカル株式会社

がん研有明病院と東レが開発した
乳がん患者様向けハーフトップ

HugFit®は、患者さまの「ほしい!」を実現するために、がん研有明病院と東レが力を合わせて作りました。

「締め付けが少ないものがほしい」 

着脱しやすい前開き式イージースナップを採用し、肌当たりが少ない縫製仕様。
肩は幅広設計。食い込みにくく、腕を上げてもずり上がりにくいです。

「肌触りの良いものがほしい」

東レの生地「マイクロテンダー®」を使う事で、“ここちよいフィット感”を実現。
「マイクロテンダー®」の特徴はソフトストレッチ。優れた伸縮性を担っている弾性繊維をたっぷりの空気層でふんわりと包み込む事により、締め付け感が少ないです。

「軟膏がしみ出しにくいものがほしい」

東レの生地、業界最高水準の防汚加工ニット「テクノクリーン®」を採用し、汚れが付着しにくく、汚れの落ちやすさを大幅に向上。洗濯時は綿より乾きが早いです。
別シリーズにて、リンパ浮腫患者様用上肢用ストッキングもご用意しています。

製品に関するお問い合わせ:03-6262-3849 
月~金9:30~17:00(土日祝は除く)

 

 

関連リンク